vsCodeインストールと日本語化

Visual Studio Code のインストールと日本語化(Mac版)

開発を始めるにあたり、必要なツールなどを順番に紹介していきます。
まず今回は Visual Studio Code ( VSCode )のインストール日本語化の方法について、
分かりやすく画面キャプチャを添えて解説していきます。

※そもそも VSCode ってなに?※
VSCodeとはマイクロソフト社が開発しているエディタです。
無償であること・様々なOSに対応可能であること・多くの言語に対応可能であること・拡張機能の豊富さなどが評価され多くのエンジニアに使用されています。

Visual Studio Code インストール方法

①VSCodeのダウンロードサイトにアクセス
 VisualStudioCode公式ダウンロードサイト

②ダウンロード開始
 Mac 版のDLボタンをクリックしてください。
VisualStudioCodeDLサイト-Mac
※クリックするとすぐに③の画面に遷移し、ダウンロードが始まります。

③ダウンロードしたファイルのディレクトリを表示
 zipファイルのダウンロードが完了したら下記画面の赤丸で示した上矢印マークをクリックします。
DL中画面

 「Finderで表示」を選択します。
「Finderで表示」を選択

④zipファイルの実行
 zipファイルをダブルクリックして、解凍します。
zip実行

⑤vsCodeをアプリケーションに移動
 解凍されたファイルを、ドラッグ&ドロップで「アプリケーション」へ移動します。
VisualStudioCodeをアプリへ移動

 下記ダイアログが出たら、「認証」ボタンをクリックしてください。
認証OK

 下記ダイアログが出たら、自分のPCアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
ユーザー名・パスワード入力 

これでインストールは完了です。
次に日本語化の手順に移ります。

◇日本語化の方法

①VSCodeを起動
 「finder」の「アプリケーション」から、先ほど移動したVisual Studio Codeのアプリを
 クリックします。
VSCodeの起動

 起動すると以下のような画面になりますので、
 赤丸で示した「Extentions(拡張機能)」のメニューをクリックします。
VSCode起動後画面

②日本語パッケージのインストール
 拡張機能の検索で、「Japanese」と検索すると、
「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」がHitします。これが日本語パッケージです。
 インストールボタンをクリックします。
検索欄に「Japanese」と入力して日本語パッケージを検索します。

③再起動
 インストールが完了したら、日本語パッケージを読み込むため再起動します。
 下記画面のようなダイアログが出たら、「Restart Now」(今すぐ再起動)を実行して下さい。
インストール完了後、日本語パッケージ読み込みのため、「restart」(再起動)を実行します。

④完了
 日本語で表示されていることが確認できれば完了です。
VSCodeの画面が日本語で表示されていることが確認できれば日本語化完了です。

これでVisual Studio Code(VSCode)のインストールと日本語化までが完了です!
お疲れ様でした。

ー次回ー
React Nativeプロジェクトのセットアップについて。
ios編 と Android編 に分けて詳しく書いていこうと思います!
React Nativeについて知りたい方はコチラ
【簡単解説】なぜアプリ開発で React Native が選ばれるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です