React Native の環境構築【開発日記③】

こんにちは。カワダです。

チームUniqoooneによる開発時の思いや苦労を語る開発日記。
今回は React Native プロジェクトのセットアップから起動までに関しての苦労のお話しです。

技術の詳細については技術録の方にまとめてありますので、詳しく知りたい方は
技術録のカテゴリをご覧ください!(ページ下部にもリンク貼ってあります。)

ということでまずは前回までのおさらいです!

〜前回までのあらすじ〜
モバイル用ToDoアプリを作るべく、ついに開発環境を決定したチームUniqooone!
React Native を使って開発すべく、いよいよ環境構築に取り組むのであった・・・。

(と、書いてみましたが、詳しくは前回の日記を読んでみてくださいね( ‘ ▽ ‘ ))

✴︎.・✴︎・.✴︎

さていよいよ環境構築!ということで、情報を収集し、準備を進めます。
今回はios、Android両方のアプリ開発をしていくので、
それぞれに必要なパッケージをインストールしていきました。

ネットの記事を参考に、手順に沿ってセットアップも順調順調・・・

そしていよいよReactNativeプロジェクト起動!

シミュレータ画面に「Welcome to React !」の文字が出て・・・

・・・

こない・・・・

代わりにエラーが出ている・・・。

でもそんなことではめげません。エラーが出ているということは何か必ず原因がある!
と、いうことで、Google先生の出番です。

「React Native プロジェクト起動 方法」 検索!

数々のネット記事を参考に、違うやり方でアプローチしてみることにしました。
が!
どの記事の通りにやってもうまくいきませんでした。エラー頻発。
アーアノキジモダメ、コノキジモダメ、、、(。_。)

エラーを潰していこうと色々なパッケージをインストールしてみたりもしました。

「このパッケージも必要なのかな?」と思いインストール。
⇨だめ

「このパッケージかな?これも足りないのかな?」
⇨だめ・・・

「・・・もしかしてさっき入れたパッケージが悪影響になってる?
全部消してやり直すしかない!」
⇨だめ・・・・・・・・

もうこうなってくると負のループです。何がいけないのかわからない・・・

そもそもネットの記事の通りにやっているのになぜうまくいかないのか、という
話なんですよね。成功の実例があるのに。

しかしそれもそのはず、と言いますか。
ネットの記事はさまざまあれど、各記事それぞれ、一部の情報が古かったりするんですよね。

ということで、各記事の正しい部分だけつぎはぎしてやってみることにしました。

地道に試行錯誤です。

その結果、ついにお目にかかることができました!

Welcome to React Native

Welcome to React !!

この瞬間の達成感たるや。まだ開発開始前なのに!笑

やっとスタート地点に立てたという喜びと、開発の難しさを改めて感じました・・・。

ということで、私たちの努力の結晶は以下の技術録にまとまっておりますので、
やってみたい!という方は参考にしていただけると大変嬉しいです。

技術録まとめページ

さていよいよ次回はついに開発スタート・・・ではなく、もう1ステップあります!

今回はReact Nativeプロジェクトを使えるようにするための環境構築でしたので、
開発でTypeScript を使うために、また、開発をしやすくするために、
開発環境の構築をしていきます。

次回! 開発環境の構築!

技術録も合わせて更新していきますのでお楽しみに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です