開発環境の決定!【開発日記②】

モバイル用ToDoアプリを作るということで、何を用いて開発するか開発環境を決めた

アプリの開発をする手段として、様々なフレームワークがあるのですが、私達はNative型のクロスプラットフォームフレームワークであるReact Nativeを用いてアプリを開発していくことになった

React Nativeを選んだ理由に関しては、アプリ開発にReact Nativeを選んだ理由をご覧ください。

アプリのフレームワーク以外に、バックエンドやサーバーの環境も決め、次のように決定した。

◯フロントエンド
 ・フレームワーク:React Native
 ・言語:TypeScript
◯バックエンド
 ・フレームワーク:SpringBoot
 ・言語:Java
◯サーバー
 ・AWS

環境が決まったので、次は実際に環境の準備に取り掛かった。

次回、環境構築!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です